賃貸物件で室内を見学する時にの重要なポイント

間取りを見て気に入った賃貸物件があっても、実際に見学しないと確認できないことがたくさんあります。
物件の向きはもちろんのことですが、近隣の建物の高さや時間帯によって日当たりの具合が変わってきます。
日当たりが良くないと、早い時間から電気をつけることになり電気代がかかりますし、押し入れや壁にカビが生えやすくなるのでしっかりとチェックしましょう。
家具や家電などで引っ越し先でも使う物は、あらかじめサイズを測っておき、見学時にもメジャーを持って行って、採寸をしながら配置をイメージしましょう。
ドラム式などの大きな洗濯機や冷蔵庫の扉の開き方によっては、所定の場所に置けないことがありますし、コンセントの位置や数によって、希望の配置ができないことがあります。
家具や家電などの配置でトラブルを防ぐためにも採寸はしっかりとしておきましょう。
また、エアコンや照明器具などが最初から設置されていれば初期費用が減らせますし、ガスがプロパンガスではなく都市ガスであれば毎月のガス代に大きな差が生まれるので重要なポイントです。

東京でマンション・アパート
の空室対策なら賃貸リフォーム・リノベーションサイト「eims」

https://monthly-depart.jp/
リフォーム中など期間限定でおしゃれな家具家電付き物件に住んでみたい方にはマンスリー百貨の所有物件がおすすめです。

解放的な空間を創造します。

新しい暮らしを始めるあなたの役に立ちます
スタイルオブ東京はリフォーム相談で新生活をサポートします

あなたのライフのパートナー「スタイルオブ東京」
資金に関するアドバイスお任せください